森林環境税について

1 森林環境税とは?

県土の76%を占める森林は、清らかな水を貯え、川や海を育み、自然災害から県民の生命や財産を守るとともに、住宅の材料となる木材を供給するなど、私たちの暮らしにとってかけがえのない存在です。
その一方で、長期的な木材価格の低迷や林業就業者の減少、高齢化等により、手入れの行き届かない森林が増加すると、森林の持つ公益的機能の低下につながり、県民生活への影響が懸念されます。
このため、県民みんなで森林を支える新たな仕組みの一つとして、県民共有の財産である森林から恩恵を受けている県民に、平等・公平な負担をいただくこととし、平成18年4月から「森林環境税」を導入しました。この森林環境税を活用して、
①「県民の理解と参画による森林づくり」
②「公益的機能を重視した森林づくり」
③「資源の循環利用による森林づくり」
を柱として、森林を県民みんなで守り育てる意識の醸成や、健全で多様な森林づくりに取り組んできました。

 

これまでの森林環境税を活用した取組

①県民の理解と参画による森林づくり
平成23年度と比較すると、森林ボランティア団体数が146団体(H23)から177団体(H27)へ増加し、森林づくりに取り組む企業も19社から30社に増加するなど、県民等による森林づくり活動が大きく広がっています。