第四次宮崎県環境基本計画

第四次宮崎県環境基本計画の策定について

県では、環境行政の基本方針として平成23年に計画期間を10年とする「宮崎県環境計画」を策定し、環境問題に対処するための施策を計画的に推進してきました。

当計画は平成28年に改定を行いましたが、令和2年度に終期を迎えることから、このたび、環境を取り巻く情勢の変化を反映した新たな計画として、「第四次宮崎県環境基本計画」を策定しました。

計画期間

令和3(2021)年度から令和12(2030)年度

温室効果ガスの削減目標

令和2(2020)年3月の地球温暖化対策推進本部において、パリ協定に基づく「日本のNDC(国が決定する貢献)」が決定されました。このなかで、「2030年度26%削減(2013年度比)を確実に達成する」とされていることから、本県の温室効果ガス削減目標についても、令和12(2030)年度に平成25(2013)年度比で26%削減と設定しました。

さらに、重点プロジェクトの「2050年ゼロカーボン社会づくり」プロジェクトにおいて、「省エネルギー・省資源の推進」、「再生可能エネルギーの導入拡大」、「森林吸収量の維持」、「環境保全を支える人材づくり」の4つを柱に施策を展開し、2050年の温室効果ガス排出量実質ゼロを目指すことを掲げました。

計画各章の内容

表紙・はじめに・目次・全体構成図

第1章 基本的事項

第2章 本県を取り巻く諸情勢

第3章 長期的な目標

  • 第3章 長期的な目標
    1. 目指すべき環境像
    2. 令和12(2030)年度の宮崎県の姿
    3. 温室効果ガスの削減目標
    4. 施策展開において重要となる視点

第4章 分野別の施策の展開

  • 第4章 分野別の施策の展開
    1. 脱炭素社会の構築
      1-1 温室効果ガス排出削減
      1-2 再生可能エネルギー等の利用促進
      1-3 二酸化炭素吸収源対策
      1-4 気候変動への適応
    2. 循環型社会の形成
      2-1 4Rの推進
      2-2 廃棄物の適正処理の推進
      2-3 食品ロスの削減
      2-4 環境にやさしい製品の利用促進
    3. 地球環境、大気・水環境等の保全
      3-1 地球環境、大気環境の保全
      3-2 水環境の保全
      3-3 化学物質対策
      3-4 環境負荷の低減等
    4. 生物多様性の保全
      4-1 生物多様性の確保
      4-2 多面的機能を持続的に発揮する豊かな森林づくり
      4-3 自然豊かな水辺の保全と創出
      4-4 自然とのふれあいや配慮
    5. 環境保全のために行動する人づくり
      5-1 環境教育の推進
      5-2 環境保全活動の推進
    6. 環境と調和した地域・社会づくり
      6-1 環境にやさしい地域・産業づくり
      6-2 快適な生活空間の創出

第5章 重点プロジェクト

第6章 計画の推進

資料編

  • 資料編
    1. 環境指標(数値目標)一覧
    2. 用語解説
    3. 計画策定の経緯
    4. 宮崎県環境審議会委員名簿
このページの内容についてのお問い合わせは
宮崎県環境森林部環境森林課 温暖化・新エネルギー対策担当
電話:0985-26-7084
ファクス:0985-26-7311
メースアドレス:メールアドレス

※PDFファイルをご覧になるには、アクロバットリーダーが必要です。
ファイルをご覧になれない場合は、右のボタンをクリックしてアクロバットリーダーをインストールしてください。

Get ADOBE READER