海岸漂着物処理推進の取組

海岸漂着物とは

海岸漂着物とは、海岸に流れ着いたごみやその他の汚物、不要物をいいます。台風などの自然災害によって山から流された流木や、風に飛ばされ河川をたどって、最終的に海に流れ着いた家庭ごみなどのことです。広義には、レジャーなどで発生し、海岸に放置されたごみも含まれます。(下記海岸漂着物処理推進法の中では、「海岸漂着物等」として位置付けられています。)

近年では、海に流出するプラスチックごみが大きな問題となっており、世界的な対応が求められています。

 

海岸漂着物処理推進法

平成21年7月、海岸における良好な景観及び環境の保全と、海岸漂着物の円滑な処理及び発生抑制を目的として、「海岸漂着物処理推進法(美しく豊かな自然を保護するための海岸における良好な景観及び環境の保全に係る海岸漂着物等の処理等の推進に係る法律)」が制定・施行されました。

この法律では、海岸漂着物の円滑な処理を行うため、処理責任等について整理されたほか、海岸と環境の保全及び再生を目的とした総合的な施策体系が示されています。

そして、昨今、増加するプラスチックごみへの対応が迫られていることなどから、同法律は平成30年6月に改正され、プラスチックごみの発生抑制や、マイクロプラスチック*対策の必要性についても明記されました。

* 直径5mm以下の小さなプラスチックごみ。海に流出したプラスチックごみが、紫外線や波によって小さく砕け、マイクロプラスチックとなる。

 

宮崎県の海岸漂着物処理推進対策

宮崎県海岸漂着物対策推進計画

海岸漂着物処理推進法に基づき、本県の地域特性を踏まえた総合的かつ効果的な海岸漂着物対策を推進するため、宮崎県では、平成23年3月に「宮崎県海岸漂着物対策推進計画」を策定しています。

本県は、これまで、台風や集中豪雨などの自然災害に伴って海岸に漂着した大量の流木やその他のごみによって、自然環境や水産資源、景観、観光などに深刻な影響を受けてきました。そのため、本計画では、そのような自然災害に起因する海岸漂着物の処理を推進する対策に力点が置かれています。

また、海岸漂着物の処理を重点的に推進する「重点区域」も、同計画の中で設定されています。

海岸漂着物発生抑制対策事業

海岸に漂着するごみの多くは、内陸で発生し、雨風によって河川に流され、最終的に海へたどり着いたものです。そのため、日常生活の中でごみや資材を適切に管理することによって、海岸漂着物を減らすことができます。

宮崎県では、このような海岸漂着物が生まれる仕組みを知らせるとともに、その発生を抑えるための行動につなげてもらおうと、台風の時期に合わせて、テレビCMやポスターを通じた普及啓発活動を行っています。

 

海岸清掃について

「川や海の応援団」募集

宮崎県では、河川や海岸でボランティア活動を行う団体等に対し、必要な資材を提供したり傷害保険への加入等を支援したりする「ふるさとの川・海」愛護ボランティア支援事業を実施しています。

さらに、「川や海の応援団」として、一定区間における河川や海岸のボランティア美化活動に取り組んででいただける団体・個人を募集しています。「川や海の応援団」に認定された団体・個人へは、認定証が交付されます。

 

このページの内容についてのお問い合わせ
〒880-8501
宮崎市橘通東2丁目10番1号
宮崎県環境森林部循環社会推進課
電話:0985-26-7081
FAX:0985-22-9314
E-mail:メールアドレス

※PDFファイルをご覧になるには、アクロバットリーダーが必要です。
ファイルをご覧になれない場合は、右のボタンをクリックしてアクロバットリーダーをインストールしてください。

Get ADOBE READER