宮崎の国定公園・県立自然公園

祖母傾国定公園

地形・地質

本地域は、標高1,000m級の山並みが重畳する九州山地の北東部に位置し、九州の屋根を形成する祖母山や傾山、大崩山等に続く山岳地域と高原、その間を流下する河川からなっています。
本地域は、我が国の地形構造上最も重要な中央構造線の延長と言うべき臼杵—八代を貫く構造線が走り、本地域の地形・地質は極めて複雑で、学術上も貴重で価値の高い地域です。

日本列島の地体構造上の区分からみると、西南日本外帯に位置し、地質構造は、日向灘に面する海岸線に沿った形で北西側から秩父帯及び四万十帯に属し、両帯の境界は傾山と大崩山の中間部付近となっています。

地質は、先新第三紀の堆積岩類と、新第三紀の火成岩類によって構成されています。石英安山岩質の溶岩や火山砕屑岩などの火山岩を主とする祖母山、傾山の山系や、花崗岩からなる大崩山山系、花崗班岩の環状岩脈(リングダイク)は行縢山から比叡山、矢筈岳、丹助岳につながる一連の急峻な岩峰を形成しています。

その間を、ほぼ南北に祝子川、綱の瀬川、行縢川、日之影川、岩戸川等数多くの中小の河川が谷を刻み、五ヶ瀬川に集約して東南東へ流下し、日向灘に注いでいます。
五ヶ瀬川の上流部では、旧谷底を阿蘇火砕流が埋め尽くして広い台地を作っている所が多くあります。そこでは川が回春して台地を深く刻みこみ、回廊状の峡谷を形成しています。

祝子川、綱の瀬川、日之影川等の上流部に見られる花崗岩の奇岩・奇石の渓谷は、本地域の優れた自然景観を形成しています。

大崩山火山ー深成複合岩体の環状岩脈
大崩山火山ー深成複合岩体の環状岩脈

植生

本地域は、植物の種類が豊富で、温暖で夏季に降雨量の多い気候を反映した森林帯が発達し、西南日本太平洋側に分布の限られる「襲速記(そはやき)」要素と呼ばれる植物の宝庫になっています。

この森林帯は、温暖帯の照葉樹林と冷温帯のブナ林の間に中間的な性格を持ったモミ−ツガ林(800〜1,200m)が発達しているのが大きな特徴です。
モミ林は、アカガシ・シキミなど常緑広葉樹を多く伴い、ツガ林はハイノキ・ヒメシャラと強い結び付きがあります。
ブナ林は、コハウチワカエデ・コハクウンボク・スズタケが結び付いて、ツガ林の上部から山頂まで分布しています。
しかし、地形が急峻なため、尾根の岩角地にはヒカゲツツジ・アケボノツツジを伴ったヒメコマツ林を生じ、渓谷にはカツラ・サワグルミを伴ったシオジ林が発達しています。

この地域は、「襲速記」要素と呼ばれる植物が豊富に見られ、キレンゲショウマ・ワタナベソウ・ヤハズアジサイ・アワモリショウマ・タカネオトギリ・ハガクレツリフネ・ウバタケニンジン・ケイビランなどがその例となっています。

アケボノツツジ
アケボノツツジ

キレンゲショウマ群生地
キレンゲショウマ群生地

野生生物

本地域に生息する動物の主なものとしては、ニホンシカ・特別天然記念物のニホンカモシカ・ニホンザル・イノシシ・キツネ・タヌキ・アナグマなどが広範囲にわたって分布しています。
中でも、イノシシ・タヌキ・アナグマは本地域全域で確認されています。

クマについては、宮崎県側で昭和16年12月、笠松山(1,522.0m)シャクナン原でオス1頭が捕殺された記録があり、その後はしばらくは捕獲されず九州地方ではツキノワグマは絶滅したものと考えられて来ましたが、昭和63年12月16日に祖母傾山系の大分県側斜面でオスの成獣1頭が久々に捕獲されました。
昭和63年12月16日から平成元年3月6日にかけて、環境庁による九州地方のツキノワグマ緊急調査が実施された結果、九州地方のツキノワグマは、現在も生息の可能性が高いと判断されました。
これを受けて、宮崎県では平成元年10月24日付けで平成11年10月31日まで10年間捕獲禁止の措置を取りました。

九州の山岳地に生息するカモシカは、祖母傾国定公園で保護されて現在では九州全域で推定400頭程の生息数を維持し、九州中央山地国定公園や阿蘇くじゅう国立公園の一部などでも生息を広げつつあります。
ニホンザルの群れは、主として傾山山地に生息し、20〜60頭の群れ数群を形成しており、杉が越、夏木山、大崩山塊などで比較的容易に観察することができます。
ヤマネは、標高500〜1,000m程度の落葉広葉樹林帯に多く見られますが、これと出会うことはほとんど期待できません。
ムササビは、公園地域に分散する小集落に点在する神社林が観察に適した生息場所です。
テン・タヌキ・キツネなどはキャンプ場周辺で日没後3時間ごろまで、よく出現し、観察することができます。

昆虫類では、タマムシカミキリムシ・シジミチョウ等、クモ類では、トゲグモやオニグモなどの円網を造る種、ヒメグモやサラグモなどの小型種が多く生息しています。
特に、高千穂峡周辺の地域には、ムカシヤンマ・タガメ・ハルゼミ・オオムラサキの4種の環境庁選定の指標昆虫が確認されています。
オオダイガハラサンショウウオ・モリアオガエルなどの両生類は、初夏、大分県側(宇目町)で観察が容易であるが、本地域でも五ヶ瀬川流域でモリアオガエルとブチサンショウウオ・ベッコウサンショウウオが、また祝子川上流でブチサンショウウオが確認されています。

鳥類では、ワシ・クマタカ・コジュケイ・カッコウ・カケス・コマドリ・コノハズク・ブッポウソウ・ヤマバト・などが多く、高山鳥のホシガラスも確認されています。
コマドリ・アカショウビン・オオアカゲラなどは、祖母山の尾根筋や渓谷などで観察され、また、傾山地の尾根筋のヒメコマツ林では、ホシガラス観察の記録もあり、九州では最も多くの動物相が保全された国定公園です。

オオムラサキ(環境庁選定の指標昆虫)
オオムラサキ(環境庁選定の指標昆虫)

ニホンカモシカ(特別天然記念物)
ニホンカモシカ(特別天然記念物)

自然現象

本地域の自然現象として特色のあるものとして多くの瀑布が見られますが、主なものとして次の滝が挙げられます。

延岡市
行縢の滝(h=76.6m w=21.6m) (国定公園)
北方町
宇土内滝、鹿川キャンプ場の滝、(国定公園)二股二段の滝(区域外)
北川町
落水の滝、モチ谷第三の滝、若狭渕の滝、登山口の滝、水神渕の滝、蛇淵の滝、千貫淵の滝(国定公園)
高千穂町
常光寺滝、真名井の滝(h=30m w=20m)、玉垂の滝(h=8m w=37m)、蛇ヶ淵の滝、竜ヶ岩の滝(h=60.6m w=18.2m)、土々呂(h=36.4m w=9.1m)(国定公園)、鳴滝(h=30m w=3m)(区域外)
日之影町
白滝、八戸観音の滝(区域外)

(注:滝の高さ及び幅は、平成4年版宮崎県統計年鑑によります。)

行縢の滝
行縢の滝

真名井の滝
真名井の滝

人文その他特殊景観

高千穂町地域一帯には、日本建国神話にもとづく天孫降臨の地として伝承され、有名です。
この地方一帯の地形・地物は、すべて神話や伝説の対象となっており、文化的な価値を高めています。
これらに伴って古くから伝承される民俗・行事なども豊かで、なかでも高千穂夜神楽は特に有名です。
また、古墳や石器・土器類の出土品が多数発見されており、考古学的にも極めて興味の深い地域です。

鈿女(うずめ)の舞
鈿女(うずめ)の舞

陣内遺跡(高千穂町三田井)の出土遺物
陣内遺跡(高千穂町三田井)の出土遺物

掲載の写真及び記事等の無断転載を禁じます。