自然保護推進員とは?

自然を守り育てるボランティア及びリーダーとして次の活動を行います。

  1. 自然に対するプリバーザー(保護を推進する人)として、自然のよき理解者となる。
  2. 自然に関するカウンセラー(相談を受ける人)として、自然保護に関して居住地域の人からの相談に応じる。
  3. 自然についてのアドバイザー(助言をする人)として、かくれているすぐれた自然の発見、紹介、自然の保護・創出等の助言をする。

自然保護推進員になるための条件は?

宮崎県内に住む、15才以上の方で、自然保護について理解と熱意のある人に御願いしています。
任期は3年間です。

自然保護推進員は、どんなことをするの?

自然保護推進員の皆さんには、まず、身近な自然に目を向けなど、自然への関心を高めていただきます。
そして、御自分でできることから一歩一歩いろいろな自然保護の啓発や自然保護活動に取り組んでいただきます。
県では推進員の皆さんの活動を支援するため、自然保護推進員研修大会の開催や環境に関する情報誌「ecoみやざき」を皆さんにお配りするなどの情報提供を行います。
「ecoみやざき」の中では、推進員の皆さんの活動紹介(自然観察会、動植物の保護活動など)や、自然保護に関する行事のご案内をします。
また、皆さんが活動に取り組み易いように自然保護推進員手帳、腕章等をお配りします