地球温暖化とは

地球温暖化とは?

18世紀に始まった産業革命以降の化石燃料(石炭、石油など)の使用量の増大に伴い、二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスの大気中の濃度が増加を続け、これによって地球の平均気温が上昇していますが、これが地球温暖化とよばれている現象です。

地球の平均気温が過去100年間に0.4~0.8℃上昇しました。とりわけ、1997年以降の気温の上昇が顕著で、このまま対策がなさなければ、100年後には、1.4~5.8℃上昇すると予測されています。

温暖化

地球温暖化の影響

~日本で生じる可能性のある主な影響~

水資源への影響

季節や地球ごとの降水状況が大きく変わるおそれがあり、現在、雨が多いところはさらに多く、少ないところはさらに少なくなり、水害や渇水の危険性が増加します。

自然生態系への影響

自然界に生きる動植物は、長い年月をかけてそれぞれの気候に適した地域で生息しています。温暖化による気候変動は急激に起こることから、それに対応できない植物の減少により植生が大きく変化すると考えられます。
また、植生の変化に伴ってそれを餌にする動物にも大きな影響が現れ、最悪の場合は種の絶滅をもたらすおそれがあります。

農業への影響

米の生産に大きな影響を与えると予測されています。特に西南日本ではジャポニカ米からインディカ米に転換しなければならないかもしれません。また、日本は世界有数の食料輸入国ですが、気候変動によって地球レベルでの食糧危機が家庭の食卓を直撃するおそれがあります。 米の生産

海水面の上昇

海水が膨張したり、氷河が溶けたりして海水面が上昇し、砂浜が失われたり、沿岸の都市部で高潮による被害が発生するおそれがあります。 高潮

健康への影響

熱射病が増加し、体力の弱っている病人やお年寄り、子供の健康に悪影響をもたらすおそれがあります。また、日本の南部が亜熱帯化することで、東南アジアなどの風土病であるマラリアが流行する危険性が生じます。 熱射病