イベント情報 詳細

2014年03月05日

次世代自動車勉強会 燃料電池自動車(FCV)セミナー

平成25年度次世代自動車勉強会 燃料電池自動車(FCV)セミナー

 2015年に自動車メーカーから燃料電池自動車(FCV)が販売開始される予定です。北部九州は国内における自動車関連産業の一大集積拠点ですが、次世代自動車のものづくりの流れにも乗り遅れないために、この度、本セミナーを企画しました。
 皆様の御参加をお待ちしております。

1 日時
  平成26年3月5日(水曜) 14時00分~16時40分(受付13時30分スタート)

2 会場
  西日本総合展示場新館3階 302・303会議室
  (北九州市小倉北区浅野3-8-1)

3 定員
  70名程度

4 内容
  セミナー 14時00分~16時00分
  相談会  16時10分~16時40分(希望者のみ先着順。事前申込み要)

5 プログラム
  ①「FCVに関する九州大学の取り組み」 14時00分~15時00分
    佐々木 一成 氏
    九州大学 次世代燃料電池産学連携研究センター
    センター長・主幹教授
    【講師紹介】
    1993年スイス連邦工科大学チューリッヒ校工学博士号取得。現在、九州大学次世代燃料電池産学連携研究センター長、水素エネルギー国際研究センター長などを兼務。主に、固体酸化物および固体高分子形燃料電池の材料・プロセス研究に従事し、九大「水素プロジェクト」を先導している。
    【セミナー内容】
    燃料電池・水素エネルギー技術の意義や可能性、将来性について概説した後、九州大学において進められている燃料電池自動車に関する次世代技術研究や基盤研究、産学官地域連携、将来展望について述べる。

  ②「水素社会の到来を産業創造に繋げる視点」 15時00分~16時00分
    國分 俊史 氏
    デロイト トーマツ コンサルティング株式会社
    グローバル マネジメント インスティテュート ディレクター
    【講師紹介】
    IT企業社長室、シンクタンク、米国系戦略コンサルティングファームのプリンシパルを経てデロイトに参画。自民党が推進している「FCVを中心とした水素社会の実現を促進する研究会」にて民間企業の事務局を担当している。
    【セミナー内容】
    2015年からのFCV普及を機に実現にむけて動き始める水素社会から事業機会を創造していく視点と、政策を絡めて戦略的に創造していくべき産業の具体像について述べる。

6 主催
  (公財)北九州産業学術推進機構 カー・エレクトロニクスセンター
  (北九州市若松区ひびきの北1-103)
  TEL:093-695-3685
  E-mail:car@ksrp.or.jp

7 お申し込み先
  こちらから様式をダウンロードして下記にFAX送信してください。
  (公財)北九州産業学術推進機構 カー・エレクトロニクスセンター
  FAX:093-695-3686
  

【開催期間】:2014年03月05日~2014年03月05日
【開催時間】:14時00分 ~ 16時40分
【場所】:西日本総合展示場新館3階 302・303会議室 (北九州市小倉北区浅野3-8-1)
【市町村】:全市町村

地図を表示

ページの先頭へ戻る