イベント情報 詳細

2014年01月25日

つくば3E(環境・エネルギー・経済)フォーラム会議

つくば3E(環境・エネルギー・経済)フォーラム会議
グリーン・イノベーションを考える~地域力を活かした産業創成~


 「つくば3Eフォーラム」は、つくば市を省エネルギー・低炭素の科学都市として構築するための研究に取り組むことを目的に、2007年に大学、研究機関、自治体が連携して結成されました。環境(Environment)とエネルギー(Energy)、経済(Economy)の「3E」の調和をとりながら、つくばエコシティ構想とも連動し、「2030年までにつくば市の二酸化炭素排出を50%削減する」ことを目標に活動を続けています。本フォーラム設立後につくば市が提唱した「つくば環境スタイル」とも連携しながら、低炭素社会実現に向け、様々な施策を推進・検討しています。

 さて、本フォーラムでは、その活動報告や産官学民協働のための情報交流の場として、毎年1回、シンポジウム形式にて「つくば3Eフォーラム会議」を開催しています。

 第7回目となる今回は下記のとおり実施します。

1 日時
  平成26年1月25日(土曜日) 午前10時~午後5時

2 会場
  つくば市役所 2階 201会議室
  (茨城県つくば市苅間2530番地2) ※TX研究学園駅より徒歩7分

3 内容
  (1)基調講演
     山村の持つ力 ~食糧・環境・エネルギー問題への挑戦~
     岩手県岩手郡葛巻町長 鈴木重男氏

  (2)セッション1
     つくば発 環境にやさしい最先端エネルギーシステム
     「分散エネルギー連系システム」
     筑波大学システム情報系 教授 石田政義氏

  (3)セッション2
     つくばにおける営農型発電事業の実践
     「次世代農業のためのソーラーシェアリングデザイン」
     ソーラーカルチャー株式会社 社長 松岡顕氏

  (4)セッション3
     環境モデル都市の取り組み
     新潟市、水俣市、つくば市

  (5)パネルディスカッション
     テーマ「つくばの地域力の活かし方」


 ※1月26日(日曜日)午前ではサイエンスツアーを実施
   テーマ:『実験する街つくば』を見よう 最先端農業実証実験施設見学
   見学場所:西高野ソーラーシェア発電所
          NARO太陽光利用型植物工場つくば実証拠点
   参加費:無料 要予約(先着30名)
   申し込み:つくばサイエンスツアーオフィス
          (財)茨城県科学技術振興財団
          ホームページはこちら
          電話:029-863-6868

4 主催
  つくば3Eフォーラム委員会(筑波研究学園都市交流協議会)、筑波大学

5 共催
  つくば市

6 協賛
  つくばサイエンスツアーオフィス (財)茨城県科学技術振興財団

7 詳細・お問い合わせ先
  つくば3Eフォーラム会議の詳細はこちらから

【開催期間】:2014年01月25日~2014年01月25日
【開催時間】:10時00分 ~ 17時00分
【場所】:つくば市役所 2階 201会議室 (茨城県つくば市苅間2530番地2)
【市町村】:全市町村

ページの先頭へ戻る