県庁における冬季の省エネルギー対策について

2015年11月25日

 今冬の国及び九州電力株式会社からの「数値目標を設けない」節電要請に基づき、県庁では、下記のとおり冬季の節電対策に取り組みます。

 1 実施期間
  平成27年12月1日(火曜)から平成28年3月31日(木曜)
  
 2 対象
  知事部局、企業局、病院局、県議会事務局、各種委員会、教育庁、県立学校、警察本部、各警察署などすべての所属

 3 取組内容
 (1)暖房温度は19度 ※県立病院等を除く
   19度を目安に暖房温度を管理します。
 
 (2)執務室内の照明の15%以上消灯
   重ね着や保温下着の着用、膝掛けの使用など、ウォームビズに積極的に取り組みます。
  
 (3)ブラインドやカーテンを上手に利用する
   日中はブラインドやカーテンを開けて太陽熱を取り入れ、夜間は閉めて暖気を逃さないようにします。

 (4)部分消灯の徹底
   離席時やミーティングテーブル上など、使用していない部分の消灯を徹底します。

 (5)パソコンのバッテリー電源による起動
   省電力モード設定を継続するとともに、バッテリー電源による起動で始業時の電力使用を分散させます。
 
 (6)電気機器の使用を控える
   コピー機、シュレッダー等電力を多く消費する機器を使用する場合は、ピーク時間帯を避けます。

 (7)階段利用の励行
   県職員は、できる限り階段を利用します。(上下3階を目安)

 (8)自動ドア使用を自粛
   県職員は、手動ドアが併設されている出入り口では、支障がない場合、自動ドアの使用を控えます。

このページの内容についてのお問い合わせは
環境森林部 環境森林課 温暖化・新エネルギー対策担当
電話:0985-26-7084
FAX:0985-26-7311
E-mail:kankyoshinrin@pref.miyazaki.lg.jp