平成28年版環境白書「航空機騒音測定結果」について(補足説明)

2017年04月06日

平成28年版環境白書で公表しました平成27年度の「新富町役場における航空機騒音測定結果」について、補足説明いたします。

1新富町役場における航空機騒音測定結果
  平成27年度は61.9Lden(dB)であり、環境基準62Lden(dB)をわずかに下回りました。

2測定値の評価について
  新富町役場での測定は、庁舎の改修工事に伴い、平成27年12月16日から平成28年3月31日までの約4か月間の測定値となっており、県が例年実施している1年間を通しての評価ではありません。
なお、国の基準では、連続7日間以上の測定値は環境基準を評価する上で有効とされています。

3環境基準を達成した理由について
  例年の測定結果をもとに新田原航空基地の西側に位置している県立産業技術専門校(西都市)の測定値と比較したところ、12月から3月は、県立産業技術専門校での測定値は上昇し、新富町役場での測定値は下降する傾向が見られました。
  同時期は、風向き等の関係で航空機が西側へ離陸することが多いため、基地東側に位置している新富町役場での測定値が比較的小さくなり、環境基準を達成したと考えられます。
 【参考】平成27年度航空機騒音測定結果※(PDFファイル:43KB)
  ※平成28年版環境白書(資料編)133ページより「38 航空機騒音測定結果」を抜粋

このページの内容についてのお問い合わせ

  〒880-8501
 宮崎市橘通東2丁目10番1号
 宮崎県環境森林部環境管理課  大気・化学物質担当
 電話:0985-26-7085
 FAX:0985-38-6210