宮崎県木材利用技術センター

1 宮崎県木材利用技術センターとは?

木材利用技術センター スギを中心とした県産材の効率的利用を推進するため、県内の木材関連産業の加工技術の向上、新製品の開発等を支援するための施設です。

2 概要

開所日 平成13年4月1日
所在地 都城市花繰町
敷地面積 約3.4ha
延床面積 5,148m2
建物規模 木造平屋
総事業費 約36億円(建設23億円、試験機器10億円、その他3億円)
特許権 (出願件数)15件、(うち登録件数)6件、(うち維持件数3件)(平成23年4月1日現在)
研究棟内 建物の特徴
木造建築の伝統技能を活かし、金物を極力用いない接合など、最先端の木質 構造技術を用いた県内木造施設のモデルとなる施設(研究棟内)

3 共同研究等

  • モックル処理を利用した宮崎県産材利用促進についての研究及び高湿高圧乾燥技術を利用した木材利用促進についての研究
  • 木材抽出液の用途開発検討
  • 木材保護着色塗料の屋外耐候性レベルアップの研究
  • 生育の早い人工林スギを利用した東アジア型軸組木造仕様の研究・開発
  • 輸出ニーズに適応した国産材インフィル部材の技術開発(3件)
  • 軽軟材スギ用の接合具及び接合金物の開発

4 開発された新技術(企業との共同研究等による)

スギ精油の有効活用

スギ材人工乾燥工程において、大量に廃棄されている乾燥排蒸気を冷却捕集した凝縮液に含まれる有効成分に着目し、その有効成分を活用した新たな商品開発に取り組んでいます。
これまでに、揮発性テルペン類を主成分とする精油には昆虫忌避効果、白濁色の水層には、抗ウイルス作用や消臭効果が認められており、今後、樹木由来の天然系の抽出液による多用な製品の開発が見込まれています。平成21年12月には芳香性に着目したアロマオイル商品が販売されました。

スギ精油

夢見橋

夢見橋 木造橋「夢見橋」(橋長19.85m、幅員5.2m、屋根の長さ45.0m)は平成20年3月、日南市油津の堀川運河に架設されました。構造材は飫肥スギの大断面製材(柱断面210mm×210mm、桁断面200mm×400mmなど)が使用され、木組は金物を使わない地元の伝統工法が採用されています。大断面製材には、寸法安定剤を注入するなど、新たな耐久性向上技術も導入されており、平成22年にはこの夢見橋が架かる「油津堀川運河」が土木学会デザイン賞最優秀賞を受賞しました。

スギを中心とした異樹種集成材

本県の代表的な造林木であるスギとヒノキを用いた構造用集成材。強度が要求される外層部にヒノキを、内層部に軽くて粘り強いスギを使用することにより、国産材のみで高い強度等級(日本農林規格E105-F300)を実現しました。ウッドエナジー協同組合が平成21年4月にJAS認定を取得しています。
105㎜角から150×450㎜までの幅広いバリエーションを持ち、住宅・非住宅を問わず、化粧現しの横架材として利用頻度が高いもので、今後は様々な樹種との複合によるさらなる用途拡大も見込まれています。

日南市吾田幼稚園
(スギ・ヒノキ異樹種集成材を使用した日南市吾田幼稚園)
異樹種集成材
(スギ・ヒノキ異樹種集成材)
このページの内容についてのお問い合わせ
〒880-8501
宮崎市橘通東2丁目10番1号
宮崎県環境森林部山村・木材振興課
電話:0985-26-7156
FAX:0985-28-1699