木づかい・木育

適切に管理された森林から伐採された木材を使う「木づかい」は、森林の整備に貢献するほか、地球温暖化防止や大気・水・土壌などの環境の維持に貢献するという意義があります。

しかし、近年は、環境や健康に関心があっても、木材に触れる機会が減少していることから、木材を使う意義についての認識が低い傾向にあります。このような観点から、平成18年9月に閣議決定された「森林・林業基本計画」において、市民や児童の木材に対する親しみや木の文化への理解を深めるため、材料としての木材の良さやその利用の意義を学ぶ、「木育」という木材利用に関する教育活動を推進することが明記されました。

様々な世代の県民の皆様に、森林の役割、木の良さ、木材利用の意義などを伝え、学んでいただけるよう、各種イベントの開催や木育指導者の育成、教材の制作など「木づかい・木育」の推進に関する取組を行っています。

1 木育・木材利用の普及啓発

木材の良さや特性を一般県民に理解してもらうため、木づかいイベント等の木材需要拡大普及啓発活動を実施しています。

『木づかいイベント』

木づかい 県民が木とふれあい親しめる各種ゲームや子供向けのプレイゾーンを設けたイベントを開催しています。

『みやざき木づかい県民会議』

本県の林業を活性化し、豊かな森林を次世代に引き継いでいくためには、県民一人ひとりが、木材の良さや利用することの意義について理解と認識を深め、県民全体で県産材の地産地消に取り組むことが重要で、これらの取組を官民一体となって進めるため、みやざき木づかい県民会議を設置しています。  

「みやざき元気!”地産地消”県民運動」と連携し、「知ろう」、「使おう」、「広げよう」を基本理念に、県産材利用の普及・啓発に取り組んでいます。

『木育サポーター養成講座』の開催

養成講座 県内の木育・木工教室等の関係者を対象とする指導員研修会を開催しています。

2 県内需要の拡大

(1)木造住宅の建設推進

県内工務店等の住宅業者が行うみやざきスギを活用した家づくりに対して支援等を行っています。

(2)公共施設の木造化・木質化

公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律の施行を受けて、県産材利用推進に関する基本方針を平成22年11月に改正し、公共建築物の木造化・木質化を推進しています。
手荷物検査
公共スペースにおける県産木材の利用事例

(写真:宮崎空港ビル手荷物検査場の木質化 ※西都市産オビスギ20本使用うち4本は「百年杉」)

 

(3)公共土木事業等での需要拡大

土木工事等における木材利用を積極的に推進しています。  

ガードレール 設計図
丸太法面(のりめん)パネル
木製ガードレール
木製ガードレール

3 県外需要及び海外出荷の拡大

(1)県外出荷の拡大

県外への県産材出荷を拡大するため、消費地である都市部に向けたPR活動(建築建材展等への県内企業の出展、プロモーション活動)や、県内企業が行う視察研修や意見交換会に対する支援を行っています。

宮崎県産材PR(マリンメッセ福岡)
県内製材メーカー等と協力しながら県産材の良さなどを消費者に伝えたり、木材に触れてもらい温かみや香りを楽しんでもらうため、展示会などでのPR等に取り組んでいます。

(2)産直住宅の推進

県内の木材業者と県外の工務店等が連携し、県外に産直住宅「みやざきスギの家」の建設を推進している団体に対して支援を行っています。
産直住宅
県産スギを使用した産直住宅
 

 

 

 

 

(3)海外出荷の拡大

県産材の輸出を促進するため、木材製品については材料と建築技術をパッケージにした「材工一体」の取組により、海外の工務店や設計者等を対象としたセミナーや実務研修の開催、また、輸出に取り組む県内企業が海外からの研修生を招いて行う視察研修や意見交換や海外現地で行う設計者の育成支援活動等に対する支援を行っています。

台湾での木造セミナー
日本の木造住宅になじみのない海外の技術者に向けて、現地で、木造住宅や県産材の良さや施工方法、設計技術などを伝え、県産材による木造住宅の輸出に取り組んでいます。
このページの内容についてのお問い合わせ
〒880-8501
宮崎市橘通東2丁目10番1号
宮崎県環境森林部山村・木材振興課
電話:0985-26-7156
FAX:0985-28-1699