新エネルギー

 新エネルギーとは、「新エネルギー利用等の促進に関する特別措置法(新エネ法)」において、非化石エネルギーを製造、発生、利用すること等のうち、「技術的に実用化段階に達しつつあるが、経済性の面での制約から普及が十分でないもので、非化石エネルギーの導入を図るために特に必要なもの」を指し、具体的には以下のエネルギーを新エネルギーと定めています。

  • 太陽光発電
  • 太陽熱利用
  • 風力発電
  • 温度差熱利用
  • バイオマス発電
  • バイオマス熱利用
  • 中小規模水力発電(1,000kW以下)
  • 雪氷熱利用
  • 地熱発電(バイナリー方式(※))
  • バイオマス燃料製造

※バイナリー方式…一般的な地熱発電に比べ、低温で発電できる方式で、従来の地熱発電に比べ二酸化炭素等の排出が少ない。

 新エネルギーは、温室効果ガスの排出量が少なく環境に与える負荷が小さいクリーンエネルギーとして地球温暖化対策に貢献するだけでなく、資源の制約が少ない純国産のエネルギーとしてエネルギー自給率の向上に貢献する貴重なエネルギーです。特に、東日本大震災及び原子力発電所の事故に伴い、エネルギーを取り巻く状況が大きな転換点を迎える中、新エネルギーの重要性は一層増しています。

このページの内容についてのお問い合わせ
〒880-8501
宮崎市橘通東2丁目10番1号
宮崎県環境森林部環境森林課
電話:0985-26-7084
FAX:0985-26-7311