第4期宮崎県庁地球温暖化対策実行計画について

県庁では、「地球温暖化対策の推進に関する法律」第20条の3の規定により策定が義務づけられた地方公共団体計画(事務事業編)として、「第4期宮崎県庁地球温暖化対策実行計画」を平成28年3月に策定し、事務・事業によって生じる温室効果ガス排出量の平成32年度までの削減目標を定めています。

この計画を着実に推進するため、「宮崎県庁地球温暖化対策実行計画の推進のための運営要領(エコプラン)」を定めて、全庁を挙げた環境保全活動に組織的、継続的に取り組んでいるところです。

 

1 削減目標

平成32年度までに温室効果ガス排出量を10,508t-CO2(平成25年度比16.4%)削減する。

2 達成状況

3 県庁の取組

県庁では、一事業者として、温室効果ガスを削減するために以下のような取組を行っています。

○毎週水曜日は「地球にやさしい行動の日」として、一斉消灯デーやノーマイカーデーに取り組む
○照明の部分消灯や冷暖房運転時の温度の適正管理など、庁舎の電気・燃料使用量の削減に努める
○環境負荷の少ない物品及びサービスを優先的に購入する、グリーン購入を推進する

今後も、このような取組をさらに進め、温室効果ガス排出量の削減に取り組んで参ります。

このページの内容についてのお問い合わせは
環境森林部 環境森林課 温暖化・新エネルギー対策担当
電話:0985-26-7084
FAX:0985-26-7311
E-mail:kankyoshinrin@pref.miyazaki.lg.jp